てっぽうブログ

銃やサバゲ、ミリタリー関係のことをぼちぼち語るミリブロ

    今回はドミネーターDM870のフォアエンド交換。

    IMG_8071

    IMG_8072
    純正はオーソドックスな形状。

    セレーションもあって細身で握りやすい・・・けど、コッキングすると結構滑るんです

    握りやすいだけで操作性は悪い

    ということでネットでいろいろ探しているとこんな物を見つけました
    IMG_8054
    FABディフェンスのレミントンM870用フォアエンド『PR-870』。実銃用です

    IMG_8056
    サイドと下部にレールが付いているので、フォアグリップやライトなんか付けれます

    IMG_8062
    形状は純正と比べると若干太くなりますが、人間工学に基づいて作られているため大変握りやすく操作性も


    さて交換していきましょう!

    まず純正のフォアエンドを外す。
    IMG_8063
    マガジンチューブエンドキャップ(赤矢印)を外す。

    IMG_7948
    アウターバレルを取っ払って赤矢印のフォアエンドチューブナットを外します。

    IMG_7949
    チューブナットを外せばフォアエンドが抜けます。

    IMG_7950
    チューブナットは2か所に切り欠きが入ったもの。

    IMG_8068
    外すにはライラクスの「フォアエンドチューブナットオープナー」という工具が使えます。

    本来は東京マルイのM870用ですが、切り欠きのサイズが同じなのでこいつが使えます♪

    IMG_7952
    次にシェル挿入口にある赤矢印と反対側にある青矢印のシェルストッパー(?)を押しながらフォアエンドチューブを前方に引き抜く。

    IMG_7953
    するとボルトと一緒にフォアエンドチューブが外れます。このあたりは実銃と同じ手順のようです。

    あとは入れ替えるだけなんですが、FABのフォアエンドがなかなか入らない

    DM870は一応実銃と同じ規格で作られているはずなんですが...

    とりあえず加工します
    IMG_8059

    IMG_8061
    フォアエンド内の赤丸赤矢印の部分をひたすら削ります

    結構削ってようやく入った!
    IMG_8073
    入ったものの若干タイトなので抜くとき大変です

    あとは元通りに組んで完成
    IMG_8074
    かなりゴツくなりました

    IMG_8076
    無駄にライトとフォアグリップを付けてみましたw

    IMG_8077

    IMG_8075
    フロントヘビーになっただけで本当に無駄ですw

    しばらくは何も付けずに使います


    ではノシ

    前回の記事でご紹介したドミネーターのDM870。

    今回は通常分解を行ってみます!


    一般的なトイガンのショットガンでは、ガスにせよエアコキにせよ構造が複雑で、実銃のような通常分解というのがほぼ不可能な物が大多数です。

    しかし、このドミは実銃通りの通常分解が可能です!

    IMG_7929
    まずはマガジンチューブのエンドキャップを取ります。

    IMG_7930
    次に、赤矢印の部品を外します。これは押し込んで90°ほど回転させると取り外せます。

    IMG_7931
    先ほどの部品を外すとマガジンチューブのスプリングが出てきます。

    IMG_7932
    スプリングに続いて、赤いマガジンフォロワーを取り出す。

    最後にバレルを引き抜いたら通常分解終わり♪
    IMG_7934
    ここまでが恐らく通常分解かなー

    全バラしてもいいんですが、組めなくなると困るのでこの辺までにしておきますw

    いや、フォアエンドはまでは普通にバラせるな


    ではまたノシ

    ミリタリーブログを立ち上げてみました「なお」と申します。

    トイガンやサバゲーの事を適当にだらだらと書いていきます。

    よければ立ち寄って見てください♪


    初記事はタイトルの通り、「Dominator DM870」のご紹介です。
    IMG_7982

    IMG_7983
    Dominator-ドミネーター-という海外メーカー(香港?)の、ガス蓄圧式のシェルを使用したカート式ショットガンです。

    初めて聞いた名前だったんでいろいろ調べてみると情報があまり出てこない

    怪しいと思いつつもヤフオクでポチりました(^^;)

    レミントンM870を模して・・・というかほぼまんまです(笑)

    国内メーカーでは、タナカやマルゼンが同じようなカート式ショットガンを出しています。

    海外メーカーでは、PPSやAPSが同じようなショットガンを出してます。

    ガス蓄圧式のシェルを使用したりチャンバーが存在するあたり、タナカやPPSのショットガンに近いです。


    フォアエンド、ストック、トリガーガード以外はCNCスチール製!

    ほぼオール金属製で重量は約3,000㎏

    トイガンでは珍しく、フィールドストリップ(通常分解)も可能なショットガンです!

    タナカのガスショットガンの強化版・・・と考えていただければw


    細部を見ていきましょう。
    IMG_7988
    金属製のアウターバレル。

    フォアエンドは極々普通のデザイン。

    細身で握りやすいけど結構滑りやすい

    IMG_7996
    インナーバレルは少し奥まった位置にあります。

    一応精密バレルみたいです。あとノンHOP仕様です。

    IMG_7991
    フロントサイトはポピュラーなビーズタイプ。

    リアサイトは当然ない上にこの小さなフロントサイト。狙いづらいッス...
    (まあ本来ショットガンってガッツリ狙って撃つものじゃないですしねー

    IMG_7984
    バレル基部右側には、本銃がトイガンである注意書き。

    IMG_7992
    反対側にはcal.17.5㎜の刻印。

    IMG_7987
    フレームも金属製。ボルトもスチール製なので、タナカ トレンチガンの"持病"であるエキストラクター部の割れも発生しません!

    IMG_7994
    左面にはナンバー刻印。

    "Remington M870"の刻印はぜひ欲しい!

    IMG_7990
    フレーム上部にはリアサイトはなくセレーションとネジ穴のみ(ネジ穴はイモネジで隠してあります)

    IMG_7989
    ストックは極々普通のストック。

    表面は若干ザラザラしていて、グリップ部は滑り止めのためでしょうか?浅く大きめの溝が掘ってあります。

    でもこの溝、少し滑りやすいのがマイナスポイント

    IMG_7935
    バットプレートはラバー製です。


    銃本体はこんな感じです!

    あと、付属で付いてきた物を何点かご紹介。
    IMG_8080
    PPS製ショットガン用の木製ストック、フォアエンド。

    こいつに交換するだけでアメリカンポリス仕様に早変わりです!

    ※写真は撮り忘れたの後日ご紹介します。


    もう一つがこちら
    IMG_7972

    IMG_7973
    金属製フォールディングストックが付いたピストルグリップタイプ。

    IMG_7974

    IMG_7975
    ストックが変わるだけでだいぶ印象が変わります

    ストックはG&P製。マルゼンCA870用のストックなので、CA870用のストックが流用できます。(フォアエンドは流用不可)

    IMG_7976
    無骨な感じが良いですね~

    IMG_7977
    ピストルグリップ。グリップ少し大きめです。

    赤丸のボタンを押しながらストックを畳みます。

    IMG_7979
    折り畳んだ状態。

    IMG_7980
    折り畳めばボタンでロックされるので、不意にストックが展開しないようになってます

    あとショットシェルがこちらになります。
    IMG_8081
    DM870用のシェル。本体がプラ製でリム部がアルミ製です。

    先端からBB弾を入れることができ、確か3発ほど入れることができます。

    IMG_8085
    タナカのシェルと比較。若干タナカの方が背が高いです。

    ちなみに、リム形状が異なるためタナカ及びPPS製のシェルをドミに流用するのは無理です

    IMG_8086
    底部。タナカのシェルは底部からガスを入れますが、ドミのシェルはプライマーのみ。

    ドミのシェルはプライマーを叩くことによりガスが放出され弾が発射されます。

    IMG_8465
    ガスの注入はシェル本体を外して入れるようになってます

    初速は未計測ですが、撃った感じそんなにパワーはなさそうです


    以上が、Dominator DM870+パーツのご紹介でした。

    情報量が少ない機種を入手してしまったのもなにかの縁、せっかくなのでもう少しいろいろ紹介していこうと考えています♪

    次は機関内部を見て行こうと思います!


    ではノシ

    このページのトップヘ